指輪は2人の愛のかたち|嬉しいサプライズにぴったりなのは手作りの婚約指輪

嬉しいサプライズにぴったりなのは手作りの婚約指輪

新郎新婦

指輪は2人の愛のかたち

ウェディング

ダイヤ入りがトレンド

結婚指輪は、今も昔も夫婦の愛を形にする素敵なアイテムです。以前は男女ともにシンプルなシルバーのリングが主流でしたが、最近は指輪のデザインが多様化しています。特に女性のものは結婚指輪としてだけでなく、ファッションリングに近いおしゃれなものが多くなっています。中でも最近急増しているのがダイヤ入りのリングです。一粒埋め込むタイプから、小さいダイヤをいくつか施すタイプまで様々な種類があります。その種類の多さから他人とかぶりにくいことや、一粒そこにダイヤがあるだけで手元がきらびやかになる華やかさが人気の理由と考えられます。ダイヤを入れることで値段は張りますが、生涯身につける大切なものですから、良いものを長くという考え方で購入する方が多いと考えられます。

指輪に込められた意味

ところで、結婚指輪に込められた意味をご存知でしょうか。結婚指輪は、夫婦の永遠の愛の象徴と考えられています。丸いリングは「途切れないもの」「永遠に続くもの」を表していると言われ、結婚指輪を交換することで互いに永遠の愛を誓うのです。また、いつも身につける指輪には「いつもあなたを身近に感じている」というメッセージも込められています。多くの女性が憧れる結婚指輪には、華やかなだけでなく大切な意味が込められているのです。最近では、仕事柄指輪ができない等の理由で、結婚指輪のかわりに時計を贈りあうカップルも増えています。たとえ品物が変わっても、この指輪に秘められた意味を知っておくことで、二人で選ぶ記念品が数倍特別なものになりそうです。